no title

◇平面図形の問題の応用◇

Q 次の問題文と後の日記を参照に、問題を答えなさい。

上の図のように縦6cm横6cmの正方形に

間隔を1cmごとに空けてミシンで縫う。

縫い順は、点Aを出発点としP-A-B-C-P-Cの順で縫う。

(A-P-AとC-P-Cは返し縫い、A-B-Cは右回りで縫う)

糸は何cm使うことになるか計算して求めよ。

ただし、ミシンの上糸と下糸は関係なく糸は一本で縫うとする

今日は前期最後の家庭科です。

なんかミシンでエプロン作るとかなんだとか。

ウチにはミシンはありますが、1回も使ったことありません。

けど裁縫は結構得意分野に入ります。

というより、小5のときに手芸クラブに入っていたし。

マスコットとか結構お茶の子さいさい屁のカッパ。

そんな人がなんでミシンを使った経験がないのか・・・

それは、針が刺さると怖いから・・・それだけです。

どこまでも小心者の管理人。そのまま突っ走るととんでもない事に。

ちなみに、料理もできます。しかし、包丁使えません。

理由は大体想像つくと思いますが刃物が怖いから。

コレが私の唯一といっていいほどの(ェ?)欠点。

掃除・洗濯・裁縫・料理・家計のやりくりをほとんど完璧にこなします。

しかし「ほとんど」であって「すべて」ではないのです。

つまり家事全般をそつなくこなすが、刃物・針類を使用できないという。

ちなみに、缶詰は開けられてもフタに触れることも出来ません。

致命傷ですね。小心者にも限度っちゅーもんがあるんですが。

とりあえず「針は刺さると痛い・包丁は刺さると死ぬ」が頭の中に定住。

まぁ、何もなかったらそこまで嫌いになりませんよ。

過去に苦い経験があるからなんですけどね・・・。

針は、小さい頃指に刺して中で折ってしまって。

病院で回収したんですが、血管に刺さらなくて本当に良かったですよ。

包丁は小学校の頃、調理実習のときに友人が落として。

それが見事に足にサクッと・・・・・・。

今も痕が残る大惨事に。しかも中学時代に同じところをガラス刺して。

缶詰は小学生の頃親が見事に親指3分の2切って。

しかもそれを間近で見たというだけあってトラウマ大きし。

そんなわけで、理由あっての小心者であります(言い訳)

まぁ、そんなわけでミシンですよ、ミシン。

縫い始めはたいしたことなかったような気がするんですが

だんだんとチャコの目印から遠ざかって・・・

まぁ、初心者だし多めに見てくれるだろうと思い続行。

さて、方向転換です。ここでふと疑問が。

返し縫いか普通縫い・・・どっちがどっちに動くんだっけ?

とりあえず普通に行こうかな・・・?

方向逆でした

慌てて止めるもひどい事に。5cmくらい。とりあえずほどきなおそう。

ほどきなおしてもう一度。よしよし、今度は上手くいった。

しかし緊急事態発生。辺BC開始2cmくらいで糸がくまった。

仕方ないからすべてやり直し。もう一度、もう一度・・・。

そしてやっと完成!やったぜ。

◇答え◇

約51cm

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました