no title

今日は、昨日の天皇賞について話そうかと。

・・・結果聞いて正直に言います。

なんでイングランディーレが勝ったんでしょうか。

ありえません、まったく人気がなく誰も見ていなかった馬が。

そのおかげで、桁外れの万馬券が出現。

なんと、単勝(1番当て)7100円。

つまり、100円賭けると7100円に!!

冗談のつもりで賭けたのがものすごいことになりますよ。

しかし、人気のない無名馬が1位になることは結構良くあります。

今回のありえないレース状況・・・それは2位3位までも・・・

人気のまったくといっていいほどない馬だったのです!

つまり、どういうことになるかといいますと・・・

馬連(1位2位当て)36680円。馬単75650円。

つまり、先ほどと同様、ウケ狙いで100円でも賭けようもんなら・・・

3位までということは、当然注目すべき箇所は三連複

なんとその配当金211160円!!

間違って10000円賭けようもんなら・・・

一気に桁割れて数十億に。

その日一日で億万長者になりうることも可能なのです。

今回の有力馬であったリンカーン。

結果なんと14位。最悪の結果です。

今回はレース自体ありえないものでした。

ゲートが開いた瞬間にイングランディーレがトップに。

そのままグングン差を広げて逃げ切ってゴールイン。

2位だったゼンノロブロイも差しでスピード上げたんですが

さすがにあの差は縮めることしかできませんでした。

まるで、幼稚園のかけっこにスペースシャトルで勝負するようなカンジ。

なんだったんでしょう、あのレースは。

有馬記念であんなレースやってしまったら競馬界大荒れですよ。

多分、一揆起きるんじゃないかな?

そのまま、全共闘に次ぐ大惨事になって・・・。

そして最終的には大惨事世界対戦へのきっかけに。

そうなりゃもう世界破滅ですよ!?

こんな競馬が荒れただけで世界破滅なんて。

人間はなんて哀れな生き物なのか。

とりあえずもう二度とこんな酷いレースになりませんように・・・。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました