4時に陳好に起こされる

おはこんばんちわ。さすがに7%には焦って一気にDVDに焼いた管理人・なぎです。

はい、そんなわけでHDDの残量が7%に。十数GBしか残量がなかったという事態に。

さすがにこれはないわーと思って本日帰宅後はひたすらDVDに入れる作業を行い。

なんとか50%まで持ってきました。明日はもうちょっと整理して焼いてってやろう。

◇なんだかんだで世話焼き◇

たまたま担任に今後のことについて相談しようと放課後残っていたら仕事を頼まれて。

なんだろうと思ったら、未内定者の就活お手伝い・企業への電話編。あー、なるほど。

そんで、誰の手助けをしたらいいんだと思ったら、ちょっとアレな友人で。待て待て。

元々滑舌が良い方ではなく、電話をかけるのも相当苦労するとかそういうのもありますが、

もっと気をつけて欲しいのが、物凄い自信家で自分は出来る方と思い込むタイプでして。

けど実際はクラスのほうでも下位につける感じの人なんですよね。こういうのは苦手。

ろくに努力もしない人ってのはやっぱり誰しも苦手なもので、講師も手を焼いてたのか。

私にその責任を押し付け「頑張れよb」とか「任せたb」とか、スゲェ爽やかに親指立てて。

つーことで苦笑いしつつも「どうにかしてくれ」と目で訴える友人を助けることになりました。

最初は何を質問するために企業に電話するのか聞くと、早速どもり。え、そこからですか。

そんなわけで、私が一から求人票やインターネットを元に企業を調べることになりまして。

で、どんな質問かようやく理解して、改めてこんな質問したいのかと聞くとようやく頷いて。

そしで今度は電話で話す台詞を考えようってことになりまして。ペンと紙を用意させまして。

すると適当な紙はいいんですが、それ陳好のペンだろって感じで勝手に陳好のペンを。

まぁそれも仕方ないと思って、私が話す内容を丁寧に言ってそれを書き取らせることに。

しかし遅い筆記スピードの割には誤字はあるわ、明らかに読むことを考えてない雑字で・・・

つーことで、私がWordでよくある不測の事態にも対応する電話応対台詞を打ち込んで。

ほれ、これでどうだ!って感じで渡して週末100回読んで質問内容も理解して来いと言い。

これでちゃんとやって来てくれると一応電話予定日の月曜に対策練りやすいんですが・・・。

果たして彼はちゃんとやって来てくれるんでしょうか。なんか激しく不安で仕方ないですorz

◇明日明後日は◇

とりあえず父者が出張で来ますが、ほとんど会議でいないということで。

ぶっちゃけそこまで特別な週末ってわけではなさそう。編集作業頑張ろう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました