いつもと同じ恒例行事

過去何度となくやってるけど、またこの状態に入った無戯です。

無戯さん、何かを掴む

あと一歩あと一歩とずっと繰り返して、何かを掴む度に細かく詰め込もうとしてフォームを崩し。

かれこれ2年くらい同じ状態をグルグルして結局スコアが伸びないのだけど、また何かを掴んだ気がする。

さすがに最近は、今進んでいる先が間違っているとは思わなくなってきたくらいにはなっている。

数年前までは誤った方向に進んでたりもしたけど、最近は正しい方向に進んでるつもりではいる。

なのでフォームの見直しというより現状のフォームを深化させて自分の中に落とし込んでいる感じ。

その過程でポイントを見失って変な感じになったりもするけど、思い出せればまたそこから再開できる。

ここ最近は長年の課題だった「力まない」ってのがある程度改善傾向にあるものだと思ってはいる。

たまに忘れたりもするけど、ようやく今までほとんどやらなかった打つ前の素振りで力みを取れるようになった。

おかげで打つ瞬間の意識も保てるようになったので、手遅れ感はあれど打った打球の評価ができるように。

どこが駄目だった、どの辺が良かったというあたりが判断できるので、次の打球に意識して修正もできるように。

残りの課題として、切り返しの速さと足の固定。そこを意識して打てば比較的安定して打てるようになる。

左に曲がる、右に曲がる、トップ、ダフリの原因が大体その辺で片付く。やっぱ結果的にそこに結びつく。

短いクラブが結局飛距離を求めてないのでその辺しっかり振れてて、結果的に安定しているというオチ。

なので、長いクラブも短いクラブ同様力まず足を固定してタイミングよく振り切れば当たるわけですよ。

アイアンをスチールにしたのもでかい。結局ちゃんと当たった時の飛距離がほぼ変わらないのが効いている。

今までだったらプラマイ30Yくらいの差があったので、正解かどうかも怪しかったのだけど。

現在はプラマイ10~15Yくらいの差なので良し悪しがよりはっきり判断できるようになった。

この調子で向上していけたら良いんだけど、また例によって見失ったらイライラしそうだ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました