レビュー大会

少しずつレビューしていこうと思った無戯です。

そんなわけで今月頭くらいからチマチマと話はあがっていた、と勝手に思ってるカメラの話。

EOS60Dを使い、そのシャッタースピードとSDカードの手頃な感じに惚れて自分のメイン機の交換に動いた。

先代のEOS5D Mark2も相当な化け物機として言われてたけど、Mark3も感度お化けと言われてるし。

先代使ってて思ったのはやっぱりシャッタースピードの不足さ。シャッター切るのもリズムが今一つで。

それでもフルサイズ機ならではの表現力は、自分にはもったいないくらいだったので使ってたけど。

やっぱり連写が魅力ってことで5D2と60Dを頭金にして5D3を手に入れた次第です。数万で入れ替えられた。

早速使ってみて思ったのは、当然ながらそのシャッター速度。これぞ一眼って感じをようやく実感。

シャッタースピードで言えば7D2のが上だけど、今更APS-C機に戻れるわけもなく。

フルサイズで上位互換の5D3で、今後のカメラ生活やっていこうかと思います。

前回同様、半年後くらいに上位互換である5D4出そうだけど、気にしない方向で。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました