カラオケ行きてぇ

おはこんばんちわ。最近曲の歌詞が嫌でも意識して聞くようになった管理人・なぎです。

まぁそれはさておき、先週「もう最終回でいい」と言われるほど大団円で終わった風子編。

けどね、まだ続くんだよ。今週からしばらくは不思議少女な回になるでしょうけどもね^^;

そんなわけで続くったら続く、意識変えCLANNAD第10話、張り切っていってみましょう。

久し振りの幻想世界。相変わらずのきめ細かさでお届けしてます。この風景、私は好き。

で、姉御もフルパワーで朋也にアタック。皆さん風子は完全に意識から消えたようです。

時間軸巻き戻るかとも思ったんですがどうやらそういうことはないらしく。進行しています。

とりあえず何気に最近中原ボイスを毎日聞いてる気がするので、変な気になってみたり。

相変わらず自分の世界を持ってらっしゃることみちゃん。とりあえず渚とお友達化計画。

その後朋也、ことみフラグを立てるべく渚をスルーしはじめる。チクショウ、余裕なのか。

ことみと立ち寄った本屋でのことみ、はさみ装備。とりあえずこの先長そうだなぁ、と感じ。

2クールの分配がKanonと酷似してるので、ことみは16・7話位まで引っ張るんだろう。

・・・Kanonよりシナリオ量圧倒的に多いのに、普通にこのペースでは無理だと思うが^^;

で、ことみのお友達化計画、双子編。姉御はさすがと言うべきか・・・私もお友達にしてくd

何気に爆弾発言をし、ビビって現実からも逃げ出そうとすることみちゃん、まぁ・・・ね(何

そしてここでも明日菜と本屋ちゃんの夢の競演だったりするんですが・・・もういいかな(ぇ

いつまでアナタはくまさんなんですか、智代(タイプミスして『智雄』にしちゃったのは秘密

あんまりくまさん大量放出してると飽きられちゃうぞ。てか、朋也を意識してるのに悶絶。

そんでことみの身辺情報を確保したところで姉御登場、さっそく百合百合展開を魅せた。

もっと激しいスキンシップを期待したが・・・とりあえずことみがまんざらでもない様子だw

で、アホな子トリオ結成。この人たち見てるとなんか自我が崩壊しそうになってきます(ぇ

うん、平和は大事ってことですかね。世界中が彼女らみたいなら戦争とか起きないだろ。

・・・とここまで考えて、世界中が彼女らってのを想像したら―――え、どんなカオスだよw

そしてりえちゃんら3人組登場。イメージとちょっと違った感がありました。

どっちかってと、オフィシャルコミックの印象の方が強かった。丸い感じ。

んで、ことみのヴァイオリンを披露して、謎の中年男性が背景出て終了。

風貌的に声は三宅健太さんな感じですが・・・あれ、声誰だったっけ(ぁ

とりあえず次回に期待かな―――で、今回結構感想が適当だったな^^;

コメント

  1. 壁|A ・) Web作るって…既に作ってるからもう出来ていますね…(ぉぃ

    • ん~たしかに

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました