やっちまった

エリザベス女王杯、5・16 – 5・16 – 1・3・6・8・9・11・15 の3連単28点フォーメーションを予想してました。1番人気レイパパレは鞍替した上に秋G1未勝利のルメール、さらに逃げの選択を取らないだろうってことで外し、2番人気アカイトリノムスメは非根幹距離得意な血統じゃないからってことで外し、3番人気ウインマリリンはさすがに秋G1三連勝は無いだろうってことで横武外し。

…ってやってたら上位7頭中一番『G1っぽい名前』ってのもあって一番可能性があるのがステラリアと予想。そんで対抗にはアカはアカでもアカイイトが来るかもってことでその2頭をアタマに流したんだけど、よもやこんな結果になるとは思わなかった。

3着に横山父ちゃん予想できてたら330万、クビ差の3着4着が入れ替わってたらそれ以上(342.3万)の高配当が当たってたというオチ。3着はスローで観ても接戦だったのでまさかなってことでスゲェドキドキした。

過去最高配当が一昨年の秋天で50万オーバーってのあったけど、未だに帯付きは手に入れてなかっただけに、帯3つの大チャンスだったと思うと悔やむに悔やみきれない。まぁそんなことになったら確定申告必死だったので嬉しさ半分面倒くささ半分だったろうけど。

まぁタラレバやってもキリがないので今週から始まるG1ラッシュ、いくらかプラスになればいいやって気持ちでまた頑張ろうと思った。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました