見応え充分

今年の日本シリーズ。超久々のセ・リーグ優勝で幕が下りたわけだけど。前回遡ると2012年の日ハムだったのでそっとしておこうと思った。あれだ、ボウカーに吉川がやられまくったときだ。忘れたい過去よもう。

去年一昨年の日本シリーズはまるでなかったかのような感じなので、久々に見応えあるシリーズだった。どっちも最下位からの優勝チームってこともあり、戦力的にも拮抗してたけど、今日は初めての延長戦に対しての選手の切り方が全てだった気がする。AJをあのタイミングで出しても申告敬遠されるだけなのに出したのは、まぁそこで決めるつもりだったと言えば聞こえは良いけど結果的には失策だったわけだし。

最終的に投手はいても野手が全然残ってないので12回裏は無残なものだった。やっぱり川端はスゲェよってなった。今日だけに限らず、連日面白いシリーズだと思ったのは贔屓チームがいなかったからだろうか。

しかし増井は色々やってしまったなと思った。これ来季契約あるんだろうか。いい年だし見限られても仕方ない気もする。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました