コンプリート

五輪ばっか観てて移動中もろくに観てなかったリゼロ2期を、出張移動中にガッツリ消化して本日全てを観終えることに成功した。

1期2期を一気に観て思ったのが、なんか色々な点で言葉が足りてないなぁという感じ。私の理解力が乏しいってのもあるんだろうけど行間が足りなくてその時その時に話が急転するとついていけなくなる。ようやっと後からそういうことだったのかって補完するけど、欲しい時に言葉足らずだからいいシーンでも薄く感じる。

あとはいいシーンなんだろうなってところも語彙力というか、言葉の持っていきかたがちょっとサムかったりするので、行間読めてないことと相まってとても滑稽に見えてしまうのが残念だ。別にマイナス評価をしたいわけじゃあないんだけど、ちょっと個人的にはいまひとつピンと来なかった。

もっと直感的に訴えてくれたSAOがやっぱり良かった分、ちょっと伏線張りすぎてるなろう系ってやっぱりこういう感じかってなる。なろう系はやっぱりシリアス少なめの頭空っぽの作品の方が合っている気がした。

そんで2期で青髪メイドさんが早々退場されたと思ったら、2期を通して観てみたら「あれぇ!?」ってなったし。何この終わり。スッキリ終わらせたように思えるけど根本的な部分解決してなくね?ってツッコミを入れたくなった。

で、2期観て思ったのは松岡禎丞・戸松遥が石田彰と戦うって何そのSAO。スゲェ役者勢揃いじゃねぇのって思ったけど、面白かったのはそのくらいかな。最も1期の時点でちょっと感じてた部分があった分、2期を観るのがゆっくりしちゃったってのも正直なところ。

とりあえずまだまだ伏線が改修しきれてないからモヤッとするけど、来るであろう3期まで観直すことなくそのままになっていそうだ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました