頑張りは伝わった

ある程度分かってはいたけど、予想よりは頑張っていたような気もした無戯です。

あの花実写版。スタッフの新作が劇場公開されてるので、それの番宣だろうけど、期待値は皆無。

連ドラにしては尺が多いし、かといって2時間に収めるには無理がある中途半端な話なので。

で、大コケ覚悟で観たものの、案の定尺が足りない。初見殺しにも程がある超展開なスピード。

最後の最後、アニメで言う最終回30分くらいの尺残して最後は割と頑張った。

だけどそこに至るまでの過程すっ飛ばしたので、何がなんだかさっぱりだった。

演者は割と頑張ってたので、2時間半前後編でやったら成功だったのではと思う。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました