勢いに任せた持論

スゲェ今更な気もするけど、一応持論でも乗せておこうと思った無戯です。

消費税増税の話。巷では100万のモノが8000万になるという素晴らしいコト言ってる人もいるんだけど。

結局5%が8%なので、3%しか上がらないわけで。1万の買い物も増税前後で300円しか変わらんというね。

今後どうなるかは分からんけど、今この状況で慌てて買い溜めする必要もないんじゃと思っています。

万が一損したって3%。そこまで高額の買い物するわけでもないのでさほど痛手にもならんだろうさ。

むしろ8%という中途半端な数字が計算しにくくて嫌だ。とっとと10%に上がればいいのにとも思ってしまう。

とはいえ、この消費税。増税するのはいいんだけどちゃんと使ってくれるのかってのが一番のところ。

結局お上の方の肥やしにしかならない気がするんだけど、それならそれでこの消費税の考え方を変えてほしい。

どうせだったら、生活必需品や食材は課税をせず、宝石やブランド品のような贅沢品に重税をかけてほしい。

結局年収200万の人と1億の人が同じ100円のパン買った時に課税されて痛いのはどっちだっていう話でね。

それなら低所得者には一生縁が無いような贅沢品に課税かけた方が公平な気もする。そこは趣味の範囲だしさ。

まぁ頑張ってたくさん稼いでる人がより重税喰らうってのも、頑張りたくなくなる話ではあるけどさ。

それでも数%の高額所得者より数十%の低所得者を救った方が国的にもウケがいいのではと思うんだよね。

まぁ自分のことしか考えていない人が作ってる世の中なので、こういうこと言っても偽善にしかならんのだけど。

あとは欧州諸国のように医療費や教育費を補填して子供も育てやすい環境を作ってほしい。

とはいえ、言うだけで何も行動に移していない自分も結局対して変わらないのだけど。

あくまで個人の感想なのでこれに対してあれこれ言われても何も言えませんと逃げておこう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました