もはや何もつっこまない

通常の2.5倍近く時間をかけて読み切ったなぎです。

そんなわけで昨晩とうとう手を出しました、先々週くらいに出たよつばと10巻。

1年1巻というペースで発刊されるので、そりゃもう丁重に読もうと。

で、この1年で写真を本格的に始めてみて改めてよつばとの良さを知った。

元々芸術作品と思って読んでたけど、改めて1コマ1コマにかける魂を感じた。

もうね、ホント写真だよね。恐らく背景は全部自分で撮ったりしたもの描いてそう。

見る度に「こういうアングルも有りなのか」と、色々勉強させてもらう所があるね。

それだもの、1コマ最低でも10秒近く「はぁー」と見惚れてしまうわな、仕方ない。

で、自分大人になってきたのかと思うのが、よつばに対する感情が違ってきたとこ。

最初はまぁやかましいガキ程度にしか思ってなかったけど、最近親心に近いモノが。

なんか行動1つ1つに対して見守りたいというか、微笑ましい感じに思えてきた。

・・・というか、本当にあずまさんは子供の居る生活というのがなんたるかを知っている。

子供の表情や言葉、それを見守る周りの大人、その辺りの描写がとても丁寧に描かれてる。

言ってしまえば当たり前の日常ではあるのだけど、それを惜しみなく出す作品は稀少。

しかも、こういう日常が今どれだけ残っているのかと思うと、訴えてるものが見える。

ぶっちゃけ当たり前過ぎる日常だからこそ、アニメ化するのが無理だと思う作品だよね。

作者本人も言ってるように、よつばの動作1つ1つアニメで表現してどうするのかと。

オチも無いから話としてどうなのという風にもなるし、そもそも見て欲しい場所が違う。

そういう点では勿体ないように思えるけど、それでも十分過ぎるくらい評価してます。

今年もとても楽しめました。また来年に期待しています。どうか私を癒し続けてくれ。

◇日報◇

チュートリアルはようやくクリアしました。ようやく村長クエ開始。

・・・とは言っても、まだプレイ時間1時間少々。1日数分程度という。

一体いつになったらクリア出来るのだろうか。途方もない感じが。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました