Don’t stop! No, don’t stop’til finish!!

散々フルボッコ喰らいつつもこれじゃないと着いていけないってことでゾンビのようにレース出しまくったメイクラ杯からついに満を持しての新シナリオ。とりあえず有識者が攻略情報を集める前にある程度自分で試行錯誤しながらクリアするのがやっぱ楽しいと思う時点で昭和のゲーマーなのかもしれない。今の子は攻略サイト見てなんぼ、もっといえばゲームも実況動画で済ませる世代と聞く。偏見かもしれないけどそうだとしたらすげぇ世の中だと思う。

で、攻略自体はアオハル杯に近く、ただアオハル杯より運要素の強いレースに重きを置いていないのでクリア難度は低めかと思われる。今アオハル杯やってって言われても当時のルーチンが完全に消えてるのでマジで最後勝てないんだもん、あれやっぱ難しいわ。

シナリオ自体は急に現れたプロデューサーの下で急遽ライブ活動っていう、またぶっ飛んだシナリオだし、レッスンしてVoViDaMe辺りを伸ばしていくってスゲェ既視感。これでユニットライブやってVoViDaの審査員にバーストアタックでも決め込むのかと思ったけど、ライブパートは至ってシンプル。運要素は皆無でそこまでにノルマさえクリアしてれば規定ルート。これは助かる。

そんで昨日のうちにサクッとクリアしてみたところ、早速歴代評価点を大幅更新し、シナリオ報酬も総取りという形に。もはや評価点16000超えなんて当たり前で、超えなきゃ逆に育成失敗で途中切りしてるレベル。とはいえ今回育成してたのが短距離魔改造スズカさんなので、短距離因子重視しているからかステータスの伸びはちょっと悪く、その影響もあってかSS止まりだった。もうちょい頑張ればUGまで行けそうだけど、なんにせよ回数はこなすべきか。

あとは上限突破できたことで、そっちばっかり相手してるとスタ根が全然稼げない。今回は短距離だからそこまで盛る必要がないとはいえ、スタミナ400未満ってのはさすがに短距離ですら走りきれないってことで、そこら辺はもうちょっと考えるべきかとは思う。

そんなこんなでいくらか周回してたんだけど、このシナリオ、GoodEndとTrueEndが存在していたようで、3周目にして初めてTrueEnd到達。まぁシナリオスキルが白スキルだった時点でなんとなく察してはいたけど。条件としてはファン数ってより効率よくレッスン回した回数が反映されてそう。最初25戦くらいしてたんだけど、全然レース数はそこまでやらなくてもいいってなって最終的に15戦まで落としてTrue見れた時点でファン数ではないことは確か。

GoodEndでもウルっと来てたのに、TrueEndでのライブ演出が豪華になったことでさらに涙腺が決壊しそうになった。元々GIRLS’ LEGEND Uはサービス開始当初のMVで流れた時にイントロで泣きそうになったレベルだったので、最後のライブ演出が素晴らしい。

とりあえず最低条件だった育成シナリオの復活は果たしてくれたので、これでまたウマ娘たちとキャッキャウフフと戯れて、あわよくば温泉旅行を決め込める。そういや温泉旅行の確率上がったのかわからないけど、あんだけ苦労したスズカさんが3回育成中2回も温泉行ってくれるようになってた。1度許したらあとは緩いのだろうか。何そのツンデレチョロイン。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました