死ぬかと思った

地元開催のフルマラソンたいかいをなんとかギリッギリで完走した。予想以上に気温が上がり風もないのですげぇ勢いで集中力が削ぎれて、練習不足もありマジで今回はダメかもしれないって思うくらい絶不調だった。

言うても30kmくらいまでチンタラ走れればあとは歩いてもいいかなとか思ってたんだけど、5kmの地点で気温が上がり続けることに若干の不安を覚え、そのまま18kmくらいでいよいよヤベェことになってってフラフラに。そこから給水所で水を浴びながら走ってたら、フルマラソン走ってて初めての関門勝負をする羽目になった。

そのままチンタラチンタラ行ってはいたんだけど、37.5kmの関門まであと10分と言われたのがまだ1.5kmくらい残ってる状態で、これこの状況で1.5kmを10分で走るのっていよいよ無理じゃねぇかっていよいよ終わったと思った。それでも意地見せて走ってなんとか関門通過。それが最後の関門かとも思ったけどまだ39.9kmの関門が次30分後ってなって。

まぁ約2kmちょっとを30分なら今よりははるかに楽って思いはしたけど、実際それを30分で走ると残り2kmを15分で走らなきゃならないっていう最終ゲート前ってのがあるのでそれはアカンってなってそこからもちょっとずつ足引きづりながらも走ってなんとか終了5分前にゴール決めた。

やっぱ関門ギリギリだったり最終ランナーがチラつくと焦るので、可能な限りこんなギリギリのランはしたくないものだ。今回の状況が状況なので、来年参加する際にはもう少し事前準備を余裕もってできているだろうと信じたい。5時間オーバーって地元の大会で初めてだし、やっぱ人間5時間も炎天下の中走れないって。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました