逆転の発想

昨日届いたiPad。今回はWi-FiモデルではなくCellularモデルを買った。もともとiPhone側の契約プランにはテザリング機能が無料でついてるのでWi-Fiモデルでも十分事足りるのだけど。

主に出張時、ホテルでは基本的にちっちゃいルーター持ってって有線LANをWi-Fi化してるんだけどたまに有線LANが無かったり、もっと言えばホテルのインターネット環境が極端に悪くて通信速度が出なかったりっていうことも少なくなく。

そうなった際にはテザリング使ったほうが速度出たりするので、テザリング使うんだけど、基本ホテルに置きっぱなしのタブレットと外に持ち運ぶiPhone、ホテルに帰ってくるたびにテザリングを再設定するのがそれなりにストレス。同じことは移動時にも言えるわけで。

そうなるとキャリア回線使えてる方が何かと便利なんだけど、そんなピンポイントで使用するかどうかってレベルなので可能な限り費用は抑えたいという考えがあった。いくら格安SIMでも使うかどうかわからない上に使うときはそれなりに使うというニッチな使用方法には耐えられないという考え。

で、色々調べてたんだけど、たどり着いた先がプリペイド契約。\1,500/GBという容量を使いたい時に使う分だけ契約するという方式。これならピンポイントで使えるぜってことでまぁこれでもいいかなってネットを見ながら吟味してたんだけど。

見るとこのプリペイド契約。現在使用しているiPhoneのプランのおまけで付けられる、同じ契約者のデータをシェアできるという無料オプションの対象って書いてるじゃねぇかと。月30GBという制限はあるものの、プリペイド契約すりゃ月30GB使えるって計算になる。

タブレットプランと銘打ってるのが月額\1,000で1GBってのと、20GBくらいを\4,000~\5,000で使えるってプランの2種。けどこのプリペイド契約を使えれば使いたい時に\1,500で31GB使えるんじゃねぇのっていう。1GB買う単価は上がってるけど、結果的に使える容量は破格だし月額基本料もかからないというのは魅力。

ここでさらに考えたのが、いっそプリペイド契約しなくても、このデータシェア使えるんじゃねぇのと言う考察。とりあえず昨日ショップに行って聞いてみたんだけど、そもそもプリペイド契約ってなんぞってレベルの知識だったので面倒だからカスタマーにSMSで問い合わせてみた。

結果的に、プリペイド契約はしなきゃSIMカードも貰えんってことだったんだけど、1回チャージしたら容量自体は1ヶ月で破棄されるけど、プリペイド契約は1年間有効になるという。で、その間データシェアは可能という。つまるところ裏を返せば年額\1,500で毎月30GB使えるってことになるわけで。

一応そういうことだよね?ってことでSMSで問い合わせたら、そういうことですって回答貰えたのでガッツポ。SIMカードを貰うための事務手数料はかかれど、どのみちかかる必要経費、全然痛くもないわって思った。1年で勝手に切れるものではあれど、1年後すぐさま使わなきゃプリペイド契約すら後回しにもできるのはでかい。

その情報を元に本日、昨日行ったショップに再度アタック。こういうことですわって説明し、無事契約を勝ち取ることに成功。ショップで今までやったことない契約だってことで大分店員もあたふたしてたけど結果的に言いくるめることができたので無事終了。

SMSでも聞けてなかった盲点の1つに、現在のiPhone12miniは5G対応なので5Gプランが強制的に適用されてるんだけど、今回買ったiPad11インチ第1世代は5G未対応。5G/4G可能なプランに対し、4Gのみ端末へのデータシェアは可能かって言うところは気付けなかったんだけど、そこはその場で問い合わせして可能ということに。

そんなわけでSIMカードだけ貰ってさっさとデータチャージ。これでとりあえず1年間は月30GBを使えるって状況に。夢のようだ。まぁとは言え自宅にいる間は使う機会無いけどさ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました