勢いしか無い

昨日の今日。例によって昼休み抜け出して遮像レースカーテンを購入して入れ替えた。夜になって外出て見てみたけど思ったより透けるけどこれ以上は仕方ないんだろうなって思った。

夏は涼しく冬は暖かくってウリ文句のカーテンだけど、本当にレースカーテン1つでそうも変わってくれるんだったら2,000円弱は安い買い物。とりあえず明後日からいなくなるけど部屋の模様替えはこんなもんかなって思った。

ちなみに今日は比較的暖かかったからか、午後から暖房消して今に至るんだけど室温がまだまだ落ち込まない。これは単純に外が暖かかったからなのかカーテンによるものなのかがまだハッキリしないけどプラシーボ効果っていう線だろうと思ってる。あとアルコール←

それはそうと仕事が修羅場。今日は午後からイベント盛り沢山だったのに何故か昼イチ予定外のイベントが舞い込んできて、それが影響して夕方まで拘束される羽目になってしまった。昼イチ予定してたイベントってのが時間制限あって日中帯しかできんくて、夕方から頑張ろうとしたけど案の定時間切れというオチ。

しゃーないので明日午前中だけ仕事するかってなったけど、テレワークなのでさほど面倒くさくないのがいい。まだ今酒が入ったのでちょっと悔しがるくらいで済んでるけど、実際予定が潰されまくった時の心境は恐ろしいもんだった。

で、酒が入ったついでにまたおかしなこと始めてて。先日もチラッと書いたけどSurfaceのカバーに気に入るものがなく、とりあえずスキンシール貼って防護するかってなったんだけど、さほど気に入るものがなく。いっそのこと自作してしまうかってなった。

型紙とかがどこ見てもなかったので、とりあえずパワポに実寸図って台紙作るところまで来た。あとはデザインなんだけど、これがちょっと思ってるものがあって。やっぱ見せたがりなので外で見せることをイメージしたものにしたい。

で、外で見せるとなるとだいたい最近は本読んでることが多いので、いっそのこと書店で貰える紙のブックカバー風なものを作ってみるかってなった。色々吟味した結果、紀伊國屋書店のが一番開いた際に違和感ないものかなってなった。ジュンク堂のが好きなんだけど、折りたたむことがないので折りたたむことを意識したレイアウトより、紀伊國屋のワンポイントの方が見栄えが良さそうだなと。

しかし部屋の書棚漁ってみたんだけどブックカバーがあらず。そりゃそうさ、地元に紀伊國屋もジュンク堂も無いんだもん。しゃーないから明後日関東圏に行った際に帰りにでも買って帰ろうかなってなった。適当なハードカバー1冊とブックカバーを別にしてもらって。で、帰ってスキャナで取り込んでって感じかな。長い作業だ。

なんか酒が入ってるから勢いよく行ってるけど、これが再来週とか帰る頃になって熱量落ち着いてなけりゃ良いんだけど。絶対落ち着いてなかったことにされてそうな気が今からしてる。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました