い・ぬ・や・ま、じょう!

歴史がついに動いて驚きを隠せなかった無戯です。

25年目にしてついにYOSAKOI大賞に道外チームが選ばれるという事態が発生した。

これについては賛否が求められるとは思うけど、私はどっちかっていうと肯定派の方。

良い演舞にはそうじて良い点数が入ればいいと思うし、ぶっちゃけ今回舞神楽も惜しかった。

どっちも道外チームなので、このどっちかっていう勝負になるのがそもそもすごいこと。

今年は全チーム通してテーマが不明瞭で曲もそれほど記憶に残らない感じだったので

ぶっちゃけどこきても狙えるし狙おうと思えば割とどこでも行けると思っていた。

個人的にも男臭くていいと思っていたチームが優勝できたので、うれしかったです。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました