心の叫びをバットにぶつけろ

森本稀哲の引退試合に、人目をはばからずに涙してしまった無戯です。

今はもう2桁を越すほど持っているレプリカユニフォーム。日ハムで最初に手に入れたのは稀哲でした。

当初はその奇抜すぎる見た目とパフォーマンス、カリスマ新庄の愛弟子ってことで大分好きでした。

FAで横浜行った時も、スゲェ残念に思い、それでもやっぱり頑張って欲しいと思って見守っていたわけで。

そんな稀哲も引退し、これで2006年優勝時の伝説の外野が全員いなくなってしまった。

その後もいくらか世代交代もあり、それでも最強外野陣は続いていたのだけど。

やっぱり当時が一番すごかったと思うし、そう考えると最近の体たらくに残念ならん。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました