誰も来ない無人駅に無駄な改良

ある意味それしかできないので集中できたと思う無戯です。

1年に1回くらいの頻度で発生する、休日の電話番。だいたいこの春先にやってくるもんなんですが。

1時間に1回あるかないかの電話を受けて、宅急便の集荷を受け取りさえすればいい簡単なお仕事。

しかし自分の作業場ではないためネットワークが繋がらず、インターネット以外に使えないというね。

毎回それでもwiki巡りとかやってたらあっという間に持ち時間の10時間飛んで行くという。

で、今回は何をしてたかっていうと、自分のノパソ持ってってスタンドアロン環境でのWeb開発。

ちょっと前から思ってた自サイトのPhotoコーナーの拡大表示機能を組み込んでいましたとさ。

仕事はじめてからというもの、プログラムの組み方が板についてきたようで。

やることは見えるから、あとはどう書けばいいかを辞書引いて調べるって感じ。

一旦火が付けばサクサク作れるんだけど、何分時間がないものでやる暇ないという。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました