熊は冬眠します

おはこんばんちわ。残念、無念、また来年。管理人・なぎです。

はい、そんなわけで行ってきました札幌、観てきました日本シリーズ最終戦・・・チクショウッ!

いやね、今でこそこんな軽いノリで書くことができますが、試合終了直後は酷かったよ。

もうなんか完全に生きる気力を失ってた。この先、何を糧に生きていいか分からなかった。

ズッポリと魂が抜け落ちた感じで、もう全てにおいて負のオーラしか出てきませんでした。

あんまりにもあんまりだったので、本当は優勝(一昨日の時点で王手)したら行こうとしてた

元バイト先であるススキノの某寿司屋に行ってきました。客として行くのは実際初めて。

しかし、おかげですっかり持ち直しまして。自棄にしては高くついたけど十分すぎるくらい。

私のこの完全に落ち込んだ心を癒すにはこのくらいなきゃって感じで、消えてった諭吉1.5人。

で、気分を持ち直したまま一晩明かして今ようやく現実と向き合うことができました。

そうして改めて昨日の試合を振り返る。決して悪いところがなかったんだよ、実際昨日の試合。

投手もこれでもかってくらいバッチリ気を引き締めて決まってたし、打つ方も打ったんだ。

ただ何か、ホームに魔物がいた。11安打で無得点ってのはありえない数字だと思うんだよね。

あれだけホームが遠い試合ってのも珍しい。気持ちを東京ドームに忘れてきたのかと思った。

正直、1回裏に東野が投げ手に強襲喰らった時、スッゲェ嫌な予感はしていたんだ。

そしてその思い引き継いだ内海がまたスゲェ良かった。絶対にホームに戻さなかったもの。

毎回安打出しておいても、どうしてもあと一歩が足りなかった。第一戦よりも酷かったかな。

アレだね、強襲喰らった東野の怨念がきっとホームにバリア張ってたんだと、そう思った。

けど、この日本シリーズ通してみると、やっぱり少しいつもの日ハムらしくない気がしました。

繋ぐ野球が持ち味なので、巨人も巨人で塁出したらかなり気を引き締めたんだと思います。

そしてなにより決定打となったのは、恐らく一昨日の試合。あれで一気に流れが変わった気が。

ガッチリ抑えられたもの。勢いというより流れが完全に巨人の流れだったと思いますよ。

B.B.が試合前に「明日も野球ができますように・・・」と祈っていたのに、その祈りも空しく。

けど最後の最後まで試合を諦めず、チャンスを作ったと思います。スゴイ、スゴイよ日ハム。

ホント最後まで負ける気がしなかったもの。絶対信二が魅せてくれると確信していたもの。

だからこそ、試合終了後はしばらく放心状態で何も考えれず、その場に立ち尽くしていました。

まぁ日本全体的に巨人-楽天希望らしいし、楽天破った時点で空気は読んでいなかったよね。

それで日本一になれば楽天を負かしただけあるなと思われたことでしょうが、中途半端なw

けど、そういった空気的な逆境も物凄かったと思うんだ、今回の日本シリーズについてはさ。

だからもう気持ち切り替えて、来年頑張ろう。来年こそ、どうどうと日本一を目指しましょうよ。

今年一年、夢と希望をどうもありがとうございました。ホント感謝してます。

こんな最後の最後まで野球ができて幸せだったよ。感無量、満身創痍。

・・・ってなわけで、当確したので21日のファンフェスでまた札幌行ってきます(ぁ

コメント

  1. 壁|A ・)ハーベスツ…

    • 八雲? や、違うか

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました