溜まるストレス、僕たちは手を上げた

おはこんばんちわ。本気で体調を崩し始めてきた管理人・なぎです。

はい、そんなわけで熱もいい感じに上がって8度6分。まぁまだ微熱まだ微熱。

鼻も止まらず喉もヒリヒリ、相変わらずの絶不調ぶりで本格的に風邪引き始めてきた。

それでも今日はシスアド対策が都合によりお休みってことで、夢の3コマ授業となり。

さらには午前中もやることがなくなったFlashの授業でかなり暇できるという幸せ。

こりゃあ最後の一日は楽に穏便に過ごして週末を迎えられるんだなと思っていました。

しかし運命と言うのはあまりにも残酷なもので。私が暇だと分かると強制イベントが。

昨日一昨日と対策終わり次第即行で帰っていたので全く話ついていけなかったんですが、

どうやら例の彼の履歴書について、クラスの半数以上が悩んでいたらしいです。

まず自己紹介欄についてはみんなで考えて書かせて、彼の意見はほとんどないですね。

てか、あれだ。彼は人に頼りすぎな気がしてならない。やってくれると思ってるんだ。

彼自身「助け合ってやってる」と思ってるかもですが、実際彼は何もしていないです。

・・・あー、ちょっとスイマセンね。眠いのと風邪気味とで結構イライラしていますわ(ぁ

で、本当は今日提出だったらしいんですが、月曜までなんとか伸ばしてもらったらしく。

そして昨日の段階で大体書くこと決まったので下書きを今日まで書いて来いと言ったら、

何故か今日そこに清書がありまして

下書きすっ飛ばして清書書いてきたんですね。君は一体何を聞いていたんだろうと。

で、殴り書きかってくらい酷い字で。間違いも何も全て無視して書いた「履歴書清書」

しかも昨日私のさらっとでも忠告しておいたことを軽く無視しやがってるんだもんよ。

さすがに皆笑えなくなってきた所に、眠たい顔して私が登校してきたわけなんですよ。

そんで任された彼の履歴書修正。どうせ暇だろってことで授業削って受け持つことになり。

どうしたもんかと迷って、ついには代筆しようかとも考えたさ。一番手っ取り早いし。

ただ、厳しい学校推薦にそれは厳禁。さらには試験に作文あるから一発でバレるだろうし。

同じような理由でワードで打ったフォント字もダメってことに。あくまでオリジナル。

仕方がないので私も同じように書いて、それを性格に見てコピー書きしてもらうことに。

彼の注意点は、文字のバランスと筆圧の高さで殴り書きしてるように見えてしまうこと。

そんで本番に対しても妥協することと、下敷き引かないからボッコボコ字が浮くこと。

そして何より言ったことを数分で忘れて元に戻ってしまうという・・・至極壊滅的状況。

え、何。私この人にちゃんとした履歴書を書かせなきゃいけない義務ができたの?^^;

ただでさえ頭フラフラしてるってのに、そんな無理難題を突きつけられ余計にフラフラと。

そして「頼むよ、しかし」って感じで見てくる彼の態度に温厚な私もそろそろキそうです。

それでもグッと怒りを抑えて、あくまで冷静に、クールに彼の履歴書書きを手伝うことに。

で、ハンコで既に30分が消し飛びまして。言っても言っても私の忠告聞いてくれないの。

なんかちゃんとここに押せって目印を鉛筆で薄書きして、アドバイスをしたにも関わらず

照準は合わせてくれるんですが、押す時に一気にドンッと押すもんだからズレてズレて。

そこを何度忠告するも一向に直る気配がなく、結局練習含めて7~8枚履歴書が消え。

もうダメなのかなと思った所で担任が「ハンコくらいは押してやってもいいぞ」と忠告を。

はい、貴方も忙しいってのは分かるんですが、遅すぎです。犠牲者がちょっと多すぎます。

そうと分かれば即行で、一発成功したハンコの履歴書に早速書いていくぞってことになり。

私はというと、ひたすらさっき死んだ履歴書に次々書いていき、彼に見せてはチェックをし。

彼が書いている間は、自己紹介欄の推敲をしつつ別の死んだ履歴書に書いていき。

それを黙々と繰り返した結果、午前中の2コマが見事綺麗さっぱり消えました。

丸々3時間かけて仕上がったのは、名前、生年月日、住所、電話番号、メアド、以上。

何回言ってもね、住所のバランスが崩れて崩れて仕方ないの。途中で筆圧戻るしさ。

私の必殺5mm文字を伝授して「分かった」と言ってくれたのに、5mmで書かないの。

しかも手汗がどんどん出てきて履歴書が変形し始めるの。だから必死でマット敷いてね。

けど書く時チラっと見たらそのマット避けて書いてるの。なんのために敷いたんだろう。

誰かに助けを求めたくても、皆もう昨日一昨日で相当キてたのか構ってくれなくて。

クラス中から「無戯、任せた」ってオーラが痛いの。軽く皆の団結力に嫉妬した(ぁ

で、昼休みも相変わらず書いてもらったんですが、私見てなかったらやっぱ崩れてるの。

3コマ目は普通に授業があったので受けましたが、なんとなく想像つく未来に溜息が。

案の定予想が的中し、私の15時上がりでの昼寝予定が消えました。4コマ目突入。

ただ私のコース以外は普通に特区対策あるので、私は空き教室で履歴書サンプル作りを。

同じく内職予定だったホアーのサークルの元部長さんの妹さんと一緒に空き教室で黙々。

そんで完成した履歴書サンプル。気付いたら16時半過ぎていて昼寝予定も消えていた。

その後対策終わった彼に履歴書サンプルを見せ、周りに赤字で忠告をダラダラと書いて。

頼むからちゃんと言われた忠告を守ってくれと半泣きで何度もしつこく念を押して。

明日の朝イチで見に行くことが決まりました。この時点で明日の休日も消えつつある。

ちょっとダラダラ語ったんで忘れてるかもしれない、私の体調絶不調設定(ぁ

てか今思い出したことが。出席番号の関係で常に隣か後ろに座ってた彼、最近咳出てた。

もしかして彼の風邪を少なからずもらったんじゃないだろうか私・・・考えすぎか?

生活リズム崩して免疫力が低下してきたトコに風邪を・・・十分ありえる話ですね^^;

まぁ話を戻してだ、この絶不調な私に朝イチで行動開始しろってのは厳しいものがあり。

とりあえず、内定取ってかろうじて暇になった富竹に彼の監視をお願いしようとしたら

「心配だからお前も見てくれ」と言われたわけなんですが、ちょっとここで疑問点が。

私のアドバイスにしても、査読にしても、全て履歴書サンプルに書いているわけでね。

つまり私が言うことや見ることはサンプル見りゃ誰でも分かるって寸法なんですよ。

なので私は必要ないんじゃないか?と思ったんですが、それでも来てくれと富竹の要望。

本当はね、明日は後でも言うけどゆっくり休んで、美味しいもの食べてライブ行きたいの。

それを言ったら富竹、「一人でそういう行動するくらいなら来てくれ」と言ったんよ。

どこのどなたですか、私らとの予定をドタキャンして一人で大丸行ったヤツ・・・orz

さすがにわなわなときましたが、もう色々面倒だしフラフラなので突っ込む気力もなく。

とりあえず明日のことは富竹に任せ、私が行く行かないを曖昧に返事して帰ることに。

富竹のことだから、空気を読まずに朝方電話なりメールなり来ると思うんだよね・・・orz

そんで細かいことなのであまり気にしないんですが、最後まで今日一日の礼は聞けず

「あぁ、上出来上出来、ありがとよ」って感じを読み取れたのは私が病んでるだけじゃない。

けど自己犠牲してでも面倒見てやらなきゃと思う私ってある意味病気だよね。痛すぎる。

まぁ同情買おうとかそういう気はさらっさらないんですが、さすがに今日は色々死ねた。

で、帰宅後も寝られることなく、長らく放置してた企業への「基本情報受かったよメール」

これをどうやって書いたらいいだろうと試行錯誤してたら22時過ぎてますよ。日記ですよ。

慌てて日記を書いて現在に至るわけですが・・・今日も日付変更前に寝られなかったなぁ。

◇予定のままに終わらせたくない◇

先程もちょっと出た明日の予定。てか明日以降毎週土曜にやるぞと決めた予定。

平日5日間の内3日も晩飯食べられず寝られず活動時間94%取られるわけですよ。

学校8時間にアルバイト6時間、その間の休みもほとんどないって悪魔のような3日。

誰が悪い何が辛いってこともなく、ただ重なり合って時間が無いっていうだけですが。

それでも並みの精神力じゃとても1週間を平穏無事に過ごせないなってのがよく分かった。

案の定体調崩して既に虫の息だしね。月曜までに直さなくちゃいけないなぁ・・・^^;

で、話戻して明日以降毎週土曜はそんな自分に頑張ったってご褒美を送ろうかなと思い。

どっか美味しい店探してランチかディナーを食べようかなと思いました。毎週1店舗。

そうやって気休めしないとやってられない。そんなわけで明日は気分的にパスタな気分。

さらに明日、私の地元の太鼓楽団「ひのき屋」が大通公園で無料ライブやるってんで。

1人のファンとしては当然行くべきだろうなぁと先週辺りから楽しみにしていました。

明日はだからランチにパスタ食べて、ライブを見てリフレッシュ、と。

そんなことを月曜か火曜辺りから考えワクワクしていたんですけども。

・・・明日の私のそのハッピーライフは実行できるんだろうか、心配だ。

コメント

  1. 壁|A ・)目を大切にね…

    • 十分死ねます

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました